ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう

辛いPMSを緩和しよう

笑顔の女の人

治療を工夫しよう

月経前症候群とは、女性が生理前に起こる症状であり、だるさや頭痛、眠気や腹痛など様々な身体的不調が起こってしまいます。人によって症状は異なっていますが、月経前と呼ばれるように、生理が始まると症状が落ち着く人が多いのです。月経前症候群は、産婦人科などのクリニックで治療する事ができます。ピルや漢方薬などクリニックよって治療方法は様々です。実は、月経前症候群の症状は身体的なものだけではなく、精神的な不調も起こりやすくなります。イライラしたり、不安になる、急に悲しくなったり憂鬱になるなど、精神面に起こる不調も人それぞれ異なっています。精神的不調は人によっては、かなり症状が重くなってしまう場合があります。普段は元気でも、生理前の数日間は鬱のような症状に悩まされる人も多いのです。そのような症状を辛く感じるのであれば、婦人科での治療だけでなく、他の治療を取り入れる工夫をしてみましょう。最初は抵抗があるかもしれませんが、精神科や心療内科でも月経前症候群の治療を行っています。一度相談に行ってみると良いでしょう。

治療方法知る

月経前症候群は女性ホルモンのバランスが乱れる、生理前に起こる症状のことを意味しています。若い世代よりも、30代や40代に多いと言われ、悩んでいる人も沢山います。月経前症候群でうつ症状が出てしまう人もいるほど、精神面に大きく影響が出てしまいます。そのような症状が出ると会社にいけなくなったり、家事もできなくなる人も多いのです。1人で悩まずに、早めに病院へ相談することが大切です。婦人科だけでなく、精神的な辛さは精神科や心療内科でも治療することができるので知っておきましょう。抗不安薬などを使って、精神的な不安や憂鬱な気持ちを緩和していきます。また、婦人科や心療内科の治療と併用して、適度な運動やバランスの良い食事を心がけるなど、自分でも生活を工夫すると症状を抑えることができます。なるべくストレスを溜めないようにし、質の良い睡眠をとるように心がけることも、月経前症候群にはとても大切なことなのです。また、ジャックスできる時間を持つようにしアロマオイルなどもとても効果が高く進めている産婦人科や心療内科などもあります。

Copyright © 2016 ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう All Rights Reserved.