ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう

生理前の不調

女性

生理の前、体調がすぐれない、イライラしたり、気持ちが滅入ったり精神的にもいつもと様子が違う、便秘になる、体が冷えるなどといった不調を訴える人がいます。そういった症状を月経前症候群と言います。月経前症候群の不調の種類は、200種類はあると言われています。症状の内容や辛さなどは個人差があります。また、月経前症候群は、生理の3日から10日前頃から起こり、生理が始まると落ち着くのです。月経前症候群の原因は、女性ホルモンの働きによるものとされています。生理痛や更年期障害といった生理に関するトラブルはどうやって対処して良いか、認知度は高いにもかかわらず月経前症候群は、まだまだ認知も低いもので、それを知らずに1人で悩んでいる人も多くいます。ここ数年、雑誌やテレビCMなどで名前を見聞きするようになりましたがまだまだ知られていないのが現状です。また、月経前症候群の症状は30代の方が多く悩んでいると言われています。子育てや仕事などのストレスも加わり悩みが大きくなっています。

そんな月経前症候群に悩んでいる人はどのようにしたら良いのでしょうか。まず、産婦人科に相談したり、精神的な不調が大きい場合は、精神科や心療内科に相談することが大切です。精神科に行くのが抵抗がある人はまず、産婦人科で話をするのも良いです。1人で悩んでいると良くなる症状もさらに悪くなったりします。精神科の医師は、親身になって話を聞いてくれるので、これまでに溜め込んでいた悩みを相談してみましょう。また、自分に合ったクリニックで相談を受けることが大切です。病院を探すときは、口コミサイトを参考にすることをおすすめします。病院ごとの良い点が一覧形式で載っているので、そこから自分に合ったサービスを提供してくれるところを選ぶことが可能です。そして、月経前症候群になりやすい人は、几帳面な性格や完璧主義の人がなりやすいです。また、ストレスによっても症状が悪化してしまいます。また、コーヒーやアルコール、脂っこいる食事など不規則な食生活を送っている人ほどなりやすいのです。それを避けるためには、ストレスをためない、そのために、ゆっくりと温かいお風呂に入ったりして冷えをなくし、リラックスできる環境を作ることです。そして、規則正しい生活をし、食生活も規則正しく3食、栄養を気にしてとることが大切です。また、風邪や病気の時は、自律神経、体力の低下によって月経前症候群になりやすくなるため、生理前の健康管理にも気をつけることが大切です。

Copyright © 2016 ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう All Rights Reserved.