ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう

30歳前後の女性に多い

笑顔のウーマン

30歳前後に多い理由

月経前症候群の症状はさまざまで、たとえば体の不調では、胸の張り、ニキビなどの肌荒れ、頭痛、眠気、不眠、便秘、下痢、食欲増進、だるさなどあります。それ以外に精神的な不調としては、イライラ、うつうつ、集中力や作業能率の低下、暴力行為などが挙げられます。月経前症候群と似た言葉に(月経前不快気分障害)がありますが、これは生理前の精神的な症状だけを取り上げたものです。月経前症候群は、排卵後にプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌が増えてくる生理前に現れるため、女性ホルモンの影響が疑われていますが、じつはその発生のメカニズムは、医学的・科学的にはっきりわかっていません。ただ、ストレスが多い人ほど症状があらわれる傾向があるようです。このことから、月経前症候群がある人ない人をわける要因のひとつとして「ストレス」が考えられます。月経前症候群の患者のボリュームゾーンは30歳前後。ちょうど仕事の責任が重くなってくるころで、独身の場合、結婚や妊娠、出産のプレッシャーも大きく、葛藤を抱えやすい時期にあたります。

ストレスが関わっている

また、同年代ですでに家庭に入り出産した女性たちも、まだ子どもが小さく、育児ストレスを抱えていることが多いもの。働いていても、家庭におさまっていても、ストレスフルであることが、この年代の月経前症候群の多さと無関係ではないようです。ちなみに、月経前症候群が重いからといって、婦人科系の病気のリスクが高まるわけではありません。更年期の症状と月経前症候群については、ストレスが関わっているという共通点があり、イライラやうつうつといった精神面にあらわれる症状は、似ていることも多いようです。月経前症候群を予防・改善するためにはありきたりですが、バランスのよい食事や規則正しい生活、適度な運動習慣を実行することが基本です。ストレスは物事の受け止め方でも強まるものなので、悪い方ばかり考えてしまう、つい深読みしがちといった考え方のクセを見直していくことも必要です。月経前症候群の症状が気になったり、生活に支障が出ている場合は、放置せずに婦人科を受診してみましょう。また、身体的な症状よりも精神的な症状が辛いというのであれば、心療内科や精神科への受診が最適です。近年は、月経前症候群を專門にしている精神科医師や心療クリニックも数多くあります。

Copyright © 2016 ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう All Rights Reserved.