ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう

月経前の症状の改善法

女の人

ホルモン補充で対応

女性の体の中では、月経周期によって女性ホルモンのバランスの変化が起こります。この女性ホルモンの作用によって起こるのが月経前症候群です。月経のある女性なら誰にでも起こる可能性がある症状ですが、閉経が近づくと月経前症候群よりも更年期障害を訴える女性が多くなっていきます。そのため、月経前症候群は40代前半くらいまでの女性に多く、中でも若い女性によく見られるようになってきた病気です。それには、若い女性がダイエットのために食事から十分な栄養を摂れていないことも一因であると考えられています。そこから、月経前症候群の治療では、薬物治療などとともに食生活を含むライフスタイル全般に関するカウンセリングやアドバイスなども行われます。薬物治療では、不足している女性ホルモンを補う女性ホルモン補充療法などがおもに行われています。これは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンとのバランスを整えるのが目的です。このふたつの女性ホルモンのバランスが崩れることが、月経前症候群の直接の原因だからです。

抗不安薬が効く場合も

女性ホルモンのバランスが崩れると起こる月経前症候群ですが、そのきっかけとなるのがストレスです。ストレスが多くなると脳の視床下部が影響を受けます。視床下部は自律神経とホルモン分泌とをあわせて受け持っている部分なので、ストレスによって自律神経の乱れと、女性ホルモンバランスの乱れが同時に起こるのです。こうしたことから、月経前症候群では体の不調と並んで心の問題が現れてきます。体の不調には頭痛や胃腸の症状などがあります。これらも自律神経と大いに関わっていると考えられる症状です。そして、より精神的な症状としては、小さな出来事でもすぐ落ち込んでしまったり、反対にキレやすくなってしまったりすることが挙げられます。このような症状に対応するため、月経前症候群の治療においては精神治療に用いられる薬も使用される事例があります。たとえば抗不安薬などがその代表的なものです。月経前症候群という病気では体の症状と心の症状が切っても切れないほど密接に関わり合っているので、そうした点を踏まえて治療する必要があるのです。

Copyright © 2016 ホルモンバランスを整えて月経前症候群の症状を改善しましょう All Rights Reserved.